不妊のツボ

不妊対策といえば

不妊対策といえばというのをまず考えると、冷え性対策が第一に挙げられます。これは人によってかなり冷え性が尋常でない場合があり、これが男にも女にも影響を与えるのだと聞きました。実際に冷え性だと流産をしやすいという統計が出ているので、その解消が第一であるのも納得できます。私の知り合いでもこれを 改善する事で一定の成果を得て、見事子宝を授かったという人がいました。

メンタル的な部分でも人は大きく体調を崩すとされます。不妊の原 因にはたくさんの要素がありますが、アルコールの過剰摂取や肥満等がこれにあたると聞きます。タバコ等も直接の影響があるようで、妊娠するためには禁煙を していくのが妥当な選択肢です。実際に多くのカップルの間で話題になるのがストレスであり、社会に出ると多くの面からストレスを受ける事が増えます。これ に対してはできるだけストレスを感じないようにしたり、仕事量を減らす等の工夫が必要です。

男女共にしっかりとした不妊対策を取る事で必ずや子宝を授かる事ができます。これは人それぞれがしっかりと願った結果であり、対策を講じる事によって成就される事でもあります。だからこそ正しい方法をとり、それを実行する事が何よりも大切です。

男女ともに一緒に治療を

不妊対策といえば女性向けと男性向けの2種類があるということを、まず私は重要な点として思い出しました。
なぜかと言えば、妊娠に至らないということについては、女性の方だけに原因があるわけではなく、男性の側にもあるということが往往にしてあるからです。

女性が不妊解消のためにやれる対策は、まずは病院に行ってみて、生体組織的に病気にかかっているから妊娠できないのかどうかを確かめてくることだと思います。
そして、生体組織的な病気にかかっていないのに妊娠に至らないということは、食生活など他に原因があるのだろうという考え方で、対策を他に考えていく方がいいと思います。
たとえば、最近話題になっている、妊娠しやすくなる身体へと変わる作用があるとされるタンポポ茶や、漢方薬などを継続摂取してみるなどです。

一方、男性が不妊解消のためにやれる対策というものもあると思い、ネットで調べてみたところ、環境ホルモンなど専門的な要因である場合が多いそうです。
ですから、男女ともに一緒に妊娠に向けての治療を受けつつ、漢方薬やタンポポ茶を双方で摂取して、妊娠しやすい身体になるように努力するという対策が、有効ではないかと思います。

結婚している男女にとって、不妊という状態はかなり辛いわけですので、なんとしても解消して、愛の結晶である赤ちゃんを授かることができるように、お祈りしています。

自宅でできる不妊治療

夏、冷房が効いて、体を冷やしている女性が多いのではないでしょうか?
遠赤外線マットでご紹介したように、冷えは妊娠しにくい体を作ってしまいます。

実は、夏は妊娠の確立が高いと言われています。
気温が高いため、その分体温も上がり、妊娠しやすいのです。

にも関わらず妊娠しづらい人は、無意識に体を冷やしてしまったり、冷たいものばかりを取っているかもしれません。

こんなに冷房がきついのに、どうして男性は平気でいるの?と思う女性が少なくないかもしれません。
これは、男性の方が筋肉が多いことが関係しています。
筋肉は、自ら熱を発するので、寒くなることがありません。
ですが、女性には元々筋肉が少ないため、自分で熱を発することができないのです。

夏でも、カーディガンをはおったり、冷たい食べ物や飲み物は避けるようにしていきましょう。
また、暑いからといってシャワーだけで済ますのもよくありません。
冷房で冷えた体をしっかり温めてあげましょう。

胃腸を冷やさないことで、子宮にエネルギーがいき、着床しやすくなります。

体を冷やさない

不妊の原因にもなる冷えの解決法としてオススメなのは、
まずは腹巻をして、子宮があるお腹周りを冷やさないことです。
女性のおなかは比較的厚い脂肪に覆われていますが、
それはとにかく子宮を守るためについているので、
これを冷やしてしまっては、脂肪を蓄えている意味がありません。

けれど、脂肪というのは冷えやすく、しかもいったん冷えてしまうと
なかなかあたたかくならないという性質を持っているのだそうです。
大事な子宮を守るはずの脂肪が冷えてしまっては、
子宮は冷たい保冷剤に囲まれているようなものです。
これが不妊の原因となっていることに、多くの女性が気づかずにいるようです。

特に若い世代は、どうしてもファッションを優先させますから、
へそだしをしたり、ローライズのジーンズをはいたり、
最近ではホットパンツが流行っています。
どれもこれも子宮を冷やし、不妊の原因にもなってしまいます。

将来、元気な子供を産むために、不妊にならないようにするためには、
とにかくお腹は腹巻で温め、冷えが伝わりやすい太ももを露出するのは避け、
ひんやりしてきたら靴下をはいて、冷やさないようにすることです。
それが、結果的には婦人病を遠ざけることにもつながります。
 

◆不妊の原因と対策
自分でできる不妊症対策
不妊と遠赤外線マットの関係性
不妊の原因

 

◆不妊症改善アイテム

⇒不妊症に効く遠赤外線マットとは?

◆不妊に良い遠赤外線マットを知ろう!
遠赤外線マット取扱サイト比較

  

おすすめサイト一覧

遠赤外線マットならこちら
お腹に巻くだけのタイプや、敷くタイプなど様々な遠赤外線マットをご用意。自宅でできる不妊対策に特化したサイトです。
着床障害でお悩みならこちら
着床障害・更年期・不妊について必要なものをわかりやすく説明してくれています。
不妊症でお悩みならこちら
不妊に関する最新情報やドクターインタビューなど、不妊情報が充実しています。
アグリマックス情報
着床しない、不妊症でお悩みの方におすすめのアグリマックスに関するサイト
遠赤外線マットで血行の良いからだ作り
遠赤外線マットの上手な使い方から、効果効能まで、遠赤外線マットに特化したページ