不妊のツボ

自分でできる不妊症対策

友人の妻が不妊で悩んでいると聞いたので自分なりに結論を持っておこうと思い調べました。すると、原因の一つとして冷え性があり、体の中からこれを改善する努力が必要だという話でした。私自身も冷え性なのでその苦労はよくわかります。

改善するといっても一日やそこらで治らないのが冷え性の困った 所で、できるだけいい物を食べて改善していく努力をするのが肝心です。私たちができるのは健康食品を食べたり、運動をする習慣をつけたり、エアコンの調節 をしていく等、原因が一つではない冷え性を少しでも正常な状態にしていく努力をする事です。これはけっこう地道な面がありますが、それだけ冷え性が深刻な 病気である事をわからせる意味があり、不妊を治すためには必要だという自覚が持てます。

アルコールやタバコ等刺激物の摂取も不妊症にはかなり影響しており、本気で子供が欲しかったらこれらの欲求にも打ち勝つくらいの努力が必要です。私たちは子供をそれほどまでに欲しいと強く願えば、どんな困難にも勝利できると信じています。

タンポポ茶

私が考えうる対策は、夫婦そろってタンポポ茶を常飲するということです。
二人揃って常飲するならば、対策に二人で取り組んでいるという姿勢をとることができると思うからです。
原因がいまいちわからないまま、子宝に恵まれないという状態をなんとか打開していこうということを、あらためて強く決意することができると思うのです。

男 女それぞれの身体において、何らかの不調があった場合には不妊になる確率が高くなってくるということがありますから、タンポポ茶を二人で同じくらい飲むと いうことによって、二人で身体の調子を整えて、元気な赤ん坊を授かろうということになり、夫婦のきずなも強まるわけです。

実際のところ、タンポポ茶で不妊症対策になったという話は、ちらほらと聞こえてくるわけなので、まったく信ぴょう性がないということではなく、むしろ、希望が見えてくるということになるので、とても励みになる対策なのではないかと思うのです。

医療機関に頼らず、自分でできる不妊症対策として、私は夫婦でタンポポ茶を常飲するという対策を掲げてみました。
薬草の不思議な力をもって、古来から人間は歴史をつくってきたということなのですから、その不思議な力の恩恵を信じたいと思うのです。

冷え性と肥満対策

冷え性と肥満対策です。
この二つの事であれば、自分で改善していくことが出来そうなものだと思います。

まずは、肥満に関してです。
肥満というのは、不妊に影響があると言われています。まず子供ができにくくなるという点もありますし、もし妊娠したとしても、出産時に肥満の人は大変だと聞きます。そうなってくると、子供ができにくいだけではなく、出産時にも大変なのであれば、痩せるにこしたことはありません。ですので、まずは肥満を改善するように努力をしていかなくてはならないと思います。

そして次に、冷え性です。私は、昔から極端な冷え性でした。そういったこともあり、妊娠しにくかったのかもしれません。ですので、体を冷やすことのないように、足元から暖めるようにしていました。足が暖かくなってくれば、体全体があたたまってくる気がします。
そして冷たい飲み物をあまりとらないようにするとか、様々な冷え性対策を取ってきました。
そうした努力の効果があったのかはわかりませんが、長い不妊生活を経て、子供を授かることが出来ました。
自分で出来る対策は努力を惜しまずにするのが、いい方法だと思います。

食事で不妊対策

自宅で少しずつ治療をするなら、やはりきちんとした食事ははずせません。

脂肪分や糖分の摂りすぎは代謝や栄養バランスに悪影響を及ぼし、ホルモンのバランスを崩してしまいます。
また、逆に無理なダイエットを行えば、栄養不足や生理が止まってしまうこともあり得ます。
カロリー計算に躍起にならず、本当に体にいいものを取り入れて、妊娠力をあげていきましょう。

まずは、栄養のある食事です。
ビタミン・ミネラルや食物繊維の豊富な野菜を中心に摂りましょう。生の野菜は身体を冷やしてしまうので、体を温めるよう、温野菜や根菜をおすすめします。

刺激物は避け、優しい味付けの消化にいいものを食べて、体への負担を減らしましょう。
ゆっくりと良く噛んで、規則正しく1日3食が理想です。夜は8時までに食べるとその後の睡眠の質も上がります。

便秘気味の方や、肌荒れ、吹き出物が治らない、という方は添加物やインスタント食品ばかり食べていませんか?
添加物の含まれる食事もよくありません。

自分の栄養が将来の赤ちゃんの栄養になる、と思い、体に優しい食生活をこころがけましょう。

運動と睡眠で不妊対策

不妊に冷え性がよくないのはご存じかと思いますが、同じように、運動不足であったり、睡眠不足(または睡眠の質が悪い)も、実は不妊に大きく影響していました。

運動不足のせいで肥満や冷え性、さらには男性側の原因でもあるEDになる可能性もあります。これは、運動不足が原因で起こることが多く、改善できる可能性が非常に高いのです。

肥満や運動不足になってしまうと、ホルモンのバランスが崩れ、排卵障害などを起こしてしまいます。肥満を起こしていると、全身にホルモンをいきわたらせるのが難しく、適切な量が分泌されません。
しかし、肥満が原因で脳からのホルモン分泌が妨げられ、特に急激に太ったときなど、排卵障害になりやすいと考えられています。

また、無事妊娠できた場合でも、妊娠中糖尿病や妊娠高血圧などの病気になる危険性があります。
産道に脂肪があるのも、出産の際に危険です。

そこまで肥満ではなくても、血糖値や血圧などに十分な注意を払った方がいいでしょう。
適度な運動を毎日少しずつ行って下さい。

◆不妊の原因と対策
不妊と遠赤外線マットの関係性
不妊の原因
不妊対策といえば
◆不妊症改善アイテム

⇒不妊症に効く遠赤外線マットとは?

◆不妊に良い遠赤外線マットを知ろう!
遠赤外線マット取扱サイト比較

  

おすすめサイト一覧

遠赤外線マットならこちら
お腹に巻くだけのタイプや、敷くタイプなど様々な遠赤外線マットをご用意。自宅でできる不妊対策に特化したサイトです。
着床障害でお悩みならこちら
着床障害・更年期・不妊について必要なものをわかりやすく説明してくれています。
不妊症でお悩みならこちら
不妊に関する最新情報やドクターインタビューなど、不妊情報が充実しています。
アグリマックス情報
着床しない、不妊症でお悩みの方におすすめのアグリマックスに関するサイト
遠赤外線マットで血行の良いからだ作り
遠赤外線マットの上手な使い方から、効果効能まで、遠赤外線マットに特化したページ